就業規則

就業規則の作成

就業規則は必ず作成しないといけませんか。

就業規則とは、事業所内の労働者に適用される労働条件や職場の規律事項を使用者側が定めたルールです。

就業規則を作成する義務があるのは、常時10名以上の従業員を雇用している事業所に関してです。またそれぞれの事業所に常時10名以上の従業員がいる場合には、事業所ごとに就業規則を作成する必要があります。


就業規則の周知

作成した就業規則は、従業員に見せなければいけませんか。

就業規則は、作成して、労働者が確認したいと思ったとき、いつでも就業規則を確認できる状態にして周知しておく必要があります(労基法106条、労働基準法規則52条の2)。

周知していない場合には、使用者は労働者にその内容を主張できません。

PAGE TOP